ル・パラディ 〜スタッフの気まぐれブログ〜

小さな乗馬クラブの日常を中心に、日々の出来事やお知らせなどポツポツと書いていきたいです。

体験乗馬およびビジターレッスンにつきまして

移転先付近の仮住まいの契約も済み、来週よりいよいよ先発部隊の引っ越しを行います。




業者を頼らず全て自分たちでしていく為、何往復もして荷物を入れていく事になりますね。
肉体的を極限まで酷使する第一試練、気合いを入れて頑張りましょう。





かなり慌しい1ヶ月となるはずなので、ブログ更新は落ち着くまで滞りがちになりますが、ご了承願います。









さてクラブから重要なお知らせです。




移転に伴い、準備期間の為クラブの営業は5月までで一度終了致します。
クラブ会員さんには去年中にすでにお伝えしてあり、今年に入ってからはレッスンのご予約を多く頂いています。
正会員さんのレッスンもご希望の時間を取るのか難しくなり、ご迷惑をおかけしてしまっているのが現状です。





ビジターレッスン及び体験乗馬の問い合わせも多数頂いておりますが、現時点ではお受けするのが難しいため、クラブを一時閉鎖する5月までの間正会員さん以外の全てのレッスンをお休みとさせて頂く事にしました。
(空きがある場合でも、馬たちのコンディションを考慮し、飛び入りでのレッスンはお受けしない事にします。)





新規のお客様にはご迷惑をおかけし、申し訳ありません。






また、移転についての情報は今後もブログやホームページにて定期的にご連絡していきます。








ご理解の程、よろしくお願いします。
別窓 | ウマゴト
∧top | under∨

仮住い探しと入学説明会

先日、息子の入学説明会がありました。






子供が小学校に入学…光陰矢の如し。その一言に尽きますね(^_^;)







ちょっぴり感慨深い気持ちで入学説明会へ参加してきました。









これからずっと根を下ろし、自分たちのかけがえのない城を築き上げていく新天地。
まだまだ打ち合わせ段階で、その先行きには定期的に不安や暗雲立ち込める事もありますが、家族全員で力を合わせて尽力すると決心したこの土地で…
息子には色々な事を学んでもらいたい。







と、自分を奮いたたせつつ、書類を受け取ると…








熊よけの鈴⁉︎





ええええ~‼︎




思わず声が出ます(笑)







確かに、地元のおじい様が以前「四つ足は全ておるよ」とおっしゃっていたのは覚えていますが、まさか通学する児童の為にあらかじめ熊よけ鈴が用意されているとは。









結構カルチャーショック。






…のち、ワクワク感が更に倍増です。




良いですね!
実に素敵です。









そしてもちろん、久々に移転先の確認もしてきました。









先日のドカ雪で、車の乗り入れはできません。











更に、雪の重さで木が倒れていました。


土地の所有者の方に交渉してどかさなければ、雪が溶けても進入できません(^_^;)













土地の中にはあちこちに偶蹄類の足跡。













形状からして、シカで間違いありません。






古いもの、新しいもの、たくさんありました。









やっぱり良いですね。











それから、工事をする間の仮住い物件を見学して帰路につきました。
ちなみに賃貸物件はほとんどなく、悩むほどありません(笑)
数日以内に契約をしに行こうと思っています。
別窓 | ウマゴト
∧top | under∨

遅すぎる…あけましておめでとうございます

あっという間に12月が過ぎていました。時間が過ぎるのが早すぎてついて行けません(涙)



で、気がつけばもう1月の半ばです。




暮れのご挨拶も、新年のご挨拶もせず申し訳ありませんでした。





今年の目標は、もう少しブログ更新の頻度を上げる事と密かに決めています(笑)





パラディでは、暮れ前から色々な出来事がありました。







背中に大きなオデキができてしまったメダカ君は獣医さんと相談した結果、切開手術をしております。



切開をしてみると、中は腫瘍化していて…



一瞬ヒヤリとしましたが、先生の見立てでは恐らく良性との事でした。

それでも一応、組織は病理検査にまわしてあります。


異常があれば連絡を下さるとのお話でしたが、術後間もなく1ヶ月経過する現時点で連絡がないので、良性だった様ですね。



また、術後もとても順調で傷口はとても綺麗に塞がりました。
あと1週間ほどお休みしてから騎乗をする様にしたいと思います。







それから、新クラブの図面が最終打ち合わせに入りました。



1階は厩舎、2階にクラブハウスや住居と言う造りです。
ゲストルームはどこにしよう、トイレやシャワーはここに…と、あれこれ考えて図面を変えていく作業はワクワクと楽しいものです♪
(ただ、ハーフビルドになるので自分たちの技術面も大いに考慮しなければならず、あまり凝った造りにはできません…残念(^_^;))






他に、整地についての打ち合わせも進み、来月半ばから重機を入れる事ができる予定となりました。



なので、私はいよいよ本格的に拠点を移転先に移す事になります。




季節柄テント生活はサバイバルライフと化してしまうので、賃貸物件を探す事にしました。










…そして、悲しいお話。



クラブで1番の平和主義者、猫の優太君が老衰のため他界しました。




去年の夏頃から、数度体調を崩し、柔らかいフードしか食べられなくなり、徘徊や夜鳴きなど痴呆の症状がでていたので、ここまで良く頑張ってくれたと思います。



15歳、猫にしてはどちらかと言えば短命ですが、元々虚弱体質で何度となく獣医さんにかかっていたので、彼自身の天寿をまっとうできたのだと思っています。





お骨は、移転先に連れていきます。






優太をかわいがって下さった会員さん、本当にありがとうございました。






…他にもご報告する事はたくさんありますが、延々とブログが続いてしまいますので今日はこの辺で終わりにしなくては…





今年はパラディにとって、間違いなく激動の1年となります。





会員さん達には移転についての過程をキチンとご報告をしていきますので、是非是非ブログをチェックして下さいませ。




ではでは。




今年もどうぞよろしくお願いしますm(__)m



別窓 | つれづれ
∧top | under∨

12月後半戦

朝1番、ついに水桶に氷が張る様になりました。



馬場にも部分的に霜が降り、凍っている箇所が出てきています。





いよいよ、冬将軍の到来ですね。






今日はクラブ移転について、業者さんと打ち合わせの日、前回の打ち合わせから約1ヶ月が過ぎました。





まず、東京電力との打ち合わせの方は順調に進んでいるそうで、とりあえずホッとひと安心です。


電気を引くにも色々と法律があって、ウチの様な辺鄙な場所にはかなり厳しい条件が出てしまうのだそうで…

キチンと順を踏まないと、一瞬で数百万円の予算が必要になる事もあるのです。





…確かに1番近い電柱からクラブの入り口までは200メートル以上、山の中を行かなければいけませんからね(^_^;)









次に、業者さんが上げてきて下さった図面も拝見しました。


こちらも、かなりいい感じです♪




細かい間取りはまだ提案段階で、これからどんどん詰めていきますが、完成した時のイメージが大きく膨らみました。





それから…



井戸の掘削工事。



これが結構大変です。









なんと当初の予算の倍以上の見積もりが出てしまいました(´Д` )。


今のクラブの井戸掘削は100メートル近く掘って頂いてあったのでだいたい同じ位の予算だろうと思っていたのと、土地の購入時に事前確認をしてあったのですが…






実際に蓋を開ければ乗馬クラブと言う特性柄、これまた色々と大変なのでした。






新入道路についての工事も予定外の出費が必要になったし、土地の高低差も激しく、地盤作りも難航の兆し(=工事費がかさむ(´Д` ))があります。



あちこちで湯水の様にお金を使わなければならなくなりそうですから、本当に頭の痛い話な訳で…


どうしてもここまでは業者さんにお願いしなければならない場所なだけに、仕方のないトコロではあるのです(^_^;)。









そうと分かっていても、苦しいものは苦しいのであります…( ̄Д ̄)ノ







さて、どうやってこれから先を切り抜けていこうか…




まぁ、頑張るしかないのですよね(^_^;)












…師走とはよく言ったもので、今日は他に装蹄と獣医さんの往診(めだか君の背中に出来たオデキ摘出手術)が重なりました。
今週だけでバタバタと8つの予定があり、こなさなければなりません。




…と言う訳で、12月後半戦はスタミナが切れない様に気合いを入れたいと思います!
(何時間走り回ってもばてないウニ&イクラ嬢のエネルギーを分けてもらいたいです(笑))
別窓 | ウマゴト
∧top | under∨

クラブの紅葉、招かれざるお客さん

前日の冷たい雨と風で、クラブのモミジの葉はほぼ全て散ってしまいました。







残念ながらパラディの今年の紅葉は、色付きもあまり良くないまま終わりを迎えてしまった様です。
















それでも、クラブで1番綺麗に色付いたモミジはやはりしっかりと秋を感じる事ができ、厩務の時の目の保養になりました。
(写真は雨が降る前日のものです。)





…大変なのはこの後待ち構えている落ち葉掃きです(´Д` )

















数日前より、クラブの周りをうろつく怪しい生き物の姿がありました。






顔と尾以外の体毛はほぼ抜け落ち、皮膚は硬化して象の様な状態で、背を丸めたまま虚ろな目つきで立ちすくむ姿は見ているこちらが辛くなります。








この近辺で毎年必ず数回ほど目にするこの生き物は、重度の疥癬症にかかった狸です。





近年、人が多く住む地域で頻発し、問題となっている疥癬狸ですが、実は人害による物ではないかと言う説もあるそうです。





しかも、発見して自治体に連絡すればほぼ100%の確率で殺処分と言うのだから、浮かばれない話ですね。






疥癬は犬には容易く感染する為、あまり敷地に近い場所でウロウロされるのも大変で、どうしたものかと考えあぐねていたら…








ついにクラブに進入されてしまいました。




ここ数日朝晩の冷え込みがキツイ時は外気がマイナス2度を指していたので、病気の身体が悲鳴をあげたのでしょう。










おがくずを入れる部屋で丸くなり、震えながら暖を取る姿を見てしまうと、追い出す気になれず…












エネルギーをしっかり補給できれば、体内熱量が上がり動く事ができるのでは、と老犬用の消化が良いドッグフードをこっそり置いてみました。



疥癬症のせいでもうあまり見えていない目の為、鼻のすぐ近くまで餌を近付ける事ができ、私たちの前でもあっと言う間に完食です。











全て食べ終えたのを確認し、今度は馬に飲ませているエクイバラン(イベルメクチン)と言う薬を餌に混ぜて与えようとその場を離れ、数十分後再び戻った時にはもう姿がありませんでした。(イベルメクチンは飲む駆虫剤です。疥癬症の治療にも使われるので、もしかしたら助けられるかも…と思ったのですが…もし、フィラリアに感染していたら重大な副作用が起きてしまう為、簡単に決断を下せず、時間がかかってしまったので仕方ないですね。)









動くエネルギーさえあればそこはやはり野生の動物、なかなか思う様にはいきません。







何はともあれ、姿を消した事で犬たちにとっては不安材料は減りました。








それからすぐ狸が暖を取っていた場所は綺麗に掃除をし、前回使ったフロントラインの効果がまだきちんと残っているうちに追加でフロントラインを入れ、疥癬症が感染する事がない様に手を打ちました。







幸い犬たちにはまだ駆虫剤を飲ませてあるし、これで多分大丈夫だとは思うのですが…







こう言う出来事があると、色々と考えさせられます。






不幸な野生動物が増えてしまわない様、私たちもできる事をやらなければなりません。










さて、一体何ができるでしょうか。









…難しいですね。






でもまずは、自分の飼育するペットが病気を広げてしまわない様、予防に尽力する事から見直してみようと思います。
別窓 | つれづれ
∧top | under∨
| ル・パラディ 〜スタッフの気まぐれブログ〜 | NEXT